LEDシーリングライトを導入して睡眠の質が爆上がりした話

こんにちは、Sタコンタです。

今回は、タイトルのとおり、
LEDシーリングライトを買って、
睡眠の質が爆上がりした話をしたいと思います。
睡眠に関する悩みは、全世代共通したものだと思いますが、
私は、以下に紹介する商品のおかげで、
睡眠の悩みが限りなくゼロに近づきました!

これまで私は睡眠の質をあげるためにいろいろとやってきました。
(何をやってきたのかは、追って記事にしていきます)
日中に眠くなることもなく、
かなり睡眠の質は上がっている自覚はあったのですが、
もっと内からエネルギーが湧き出てくるような、
そんな体感を得たいと、さらなる高みを目指していました。
そんな中、以下の記事を目にしました。

■睡眠の質を上げたければPanasonicの照明を買え
https://anond.hatelabo.jp/20200724104208

これだ!と直感。
即、購入。

実際に私が買ったのは、
上記の記事でおすすめされているPanasonicのものではなく、
ホタルクス(NEC) 製のシーリングライトになります。

■HLDC12211SG LEDシーリングライト 12畳 調色
http://www.hotalux.com/products/_1833.html?p_encd=06434097

この商品の何がいいのか?

2点あります。
①おめざめタイマーがある。
②シーンダイレクト機能がある。

1つずつ詳しく説明します。

①おめざめタイマー
指定した時刻に点灯してくれます。
目覚まし時計ならぬ目覚まし照明ですね。
10年以上前に買ったシーリングライトをずっと使っていて、
当然、目が覚めてから点灯していたので、
「すごい!自動で点灯してくれる!」
「ここまで照明は進化しているのか!」と、
ひとり感動。

また、おめざめタイマー時の光度を自分で設定できます。
私は光度をMAXに設定し、
強い光がまぶたを通して目に入るようにしてます。
指定した時刻の30分前に点灯が開始され、
徐々に明るくなり、指定した時刻に設定した光度になります。
強い光によるスムーズな目覚めができるのです。
休日も同じ時刻に起床できるので、睡眠リズムがずれません。
睡眠リズムがずれないのが、よい睡眠をとる肝ですからね。

光度MAXの状態
光度MAXの光の具合
光度MAX時の壁の見え方



正直、この機能だけで元は取った!
というレベルのうれしい機能です。

②シーンダイレクト機能
3つのシーン毎に、
「自分好みの光の色と明るさ」を記憶させることができます。
そして、ワンボタン操作で点灯を切り替えることができます。
シーン1 よみかき
シーン2 だんらん
シーン3 なごみ
とありますが、
私はシーン2とシーン3に自分好みの設定を記憶させています。
(シーン1は、初期設定のままにしています)

リモコンの赤枠部分



シーン2は夕食時に使っています。
夜に強く明るい光を浴びるのは、睡眠にとって害しかありません。
そこで、暖色系で弱めの明るさに設定しています。

シーン2の設定具合
シーン2の時の壁の見え方





シーン3は夕食後から寝る前までで使っています。
シーン2よりも、さらに暖色系で弱めの明るさに設定しています。

シーン3の設定具合
シーン3の時の壁の見え方


もともとは、おめざめタイマー目当てで買ったのですが、
「自分好みの光の色と明るさ」を記憶させ、
ワンボタンで点灯切り替えできるこの機能が、
有能すぎて震えます、マジで。

完全に自分好みの光で夜の時間をまったり過ごせるわけです。
このまったりとした時間が、よい睡眠への助走となってくれるわけです。
そして、狙い通り、よい睡眠がとれ、
おめざめタイマーで光とともに目覚めるわけです。


※比較画像



もちろん、睡眠の質が上がりました。
これまでは夜中に目が覚めてしまうことがありましたが、
ホタルクス(NEC) 製のシーリングライト導入後は、一度もありません。

念のため、スマホのアラームも設定していますが、
光のおかげで、アラーム前に目覚めることがしばしばあります。
つまり、目覚めが良くなりました。
そして起床後10分もしないうちに、
朝の体操をするぐらいまでに活動的になっています。
日中の眠気は全くなく、以前よりも頭が冴えています。

これって最高じゃないですか。
最高ですか?
最高です。



LEDシーリングライトは良い投資だと思います。
良い睡眠、良い健康のために、全家庭が使うべきとすら思います。
恐ろしくリターンが良いので、おすすめです。